芸能

個人的に大嫌いな水原希子を襲った「中国侮辱」騒動

投稿日:2016年7月19日 更新日:

「中国を侮辱した」としてネット上で批判にさらされていたモデルで女優の水原希子さん(25)が、このほど「釈明動画」を公開した。

水原さんは中国でも高い人気を誇り、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」の公式アカウントは180万人以上にフォローされている。ところがここ数日、3つの「疑惑」をかけられ、炎上状態になっていた。

■問題の写真は「私ではありません」

2016年7月15日夜、水原さんは中国の動画サイト「秒拍(ミャオパイ)」上に約5分間のビデオメッセージを公開した。冒頭、「中国の皆さん、特にオンラインコミュニティーで、最近起きた出来事に関して私に怒りを感じている方々に心からお詫びすると同時に、このビデオを通していくつかの点について明らかにしたと思います」と流ちょうな英語で述べ、頭を下げた。

その上で、ネット上で騒ぎになっていた3つの疑惑について釈明した。

1つめの疑惑は「靖国神社に参拝した」というもの。水原さんはまず「私は世界平和を支持し、戦争に断固反対します」と告げた後、自身は「靖国」という言葉は使わず、実際に出回っていた写真の1枚を取り出して「これは明らかに私ではありません」と説明した。

写真には浴衣姿の女性の後ろ姿が写っている。境内左右に数多くの提灯が掲げられていることから、毎年7月中旬に靖国神社で行われる「みたままつり」の時の一コマだとわかる。

確かにここに写っているのは水原さんではない。ただ、全く関係のない人物でもない。後ろ姿の正体は、水原さんの妹でモデルの水原佑果さん(21)だからだ。この写真は、佑果さん自身が2014年にインスタグラムに投稿したもので、今もそのまま残っている。この点について、水原さんは動画中で特に触れなかった。

とはいえ「妹が靖国神社の夏祭りに行った」ことを「水原さんが中国を侮辱した」につなげるのは無理がありそうだ。「右翼的」とも指摘されているが、みたままつりに行く人々が必ずそうした思想を持っているわけでは当然ない。

2つめは「旭日旗の前でポーズをとった」というもの。出回っている写真は、大きな旭日旗の前でヤンキーファッションの女性数人がポーズを取っているもので、この中に水原さんが写っているとされていた。

これについて水原さんは「旗の前で非礼なポーズをとったとして非難されていますが」と言及した上で「この写真にも、絶対に私は写っていません」と否定した。

-芸能

Copyright© クレジットカード速報 , 2017 AllRights Reserved.